極楽保育園

病気、ケガの場合

このページでは救急の対応や投薬、予防接種、健康診断、感染症についてをご案内します。

発熱、体調不良

登園時に熱が37度以上ある場合は家庭保育をお願いします。平熱が37度以上あるお子さんは担任にお知らせ下さい。

お預かり後に37.5度以上の発熱及び体調不良となった場合には、保護者の方にご連絡いたします。

38度以上に上がった場合及び熱が低くても元気がない、もしくは嘔吐や下痢を何度も繰り返す場合には、速やかにお迎えをお願い致します。

万が一のために、緊急連絡先を必ず決めておいて下さい。

参考URL名古屋市「病児・病後児デイケア事業」

与薬・投薬

保育園生活において、投薬を行わないと著しく体調を崩す可能性がある場合、又、医師に1日2回の服用を依頼しても、効能等の理由で不可能な場合にのみ行います。

ただし、そのままの薬の状態で、スムーズに投薬ができるお子さんに限ります。水でねったり、何かに混ぜたりしなければならない場合や、投薬する事に抵抗を示すお子さんの場合は、お受けできませんのでご了承下さい。

与薬・投薬を始めるにあたって

  1. 投薬希望者は担任に申し出て下さい。「与薬・投薬に関する依頼書」を受け取り、内容を理解していただいた上、記名・押印をし、担任に提出して下さい。
  2. 依頼書の提出された翌日より、与薬・投薬が始まります。

与薬・投薬の手順

  1. 依頼書の提出後、園長の許可のもと、持参する薬を入れる際に必要な、園指定の袋と与薬・投薬チェック表をお渡しします。(年度中は、ずっと使用していただきますので、大切に扱って下さい。)
  2. 園指定の袋の中の与薬・投薬チェック表に、提出前の朝の投薬事項を、提出前に必ず記入しておいて下さい。又、中には、今現在の病状(症状)を基に、医師の指示により調合された薬で期日の過ぎていない物を、その日に必要な量のみ1回分ずつ小分けにして名前を書き、その時に医者からもらってきた薬の袋(氏名・受診日・服用に関しての量や時間等が記入してあるもの)に入れ、保育士に手渡して下さい。(3種類の袋類には全て記名のこと。)
  3. 投薬後は、与薬・投薬チェック表に必要事項を記入し、園指定の袋に入れ、毎日お返し致します。

その他注意事項

軟膏等、小分けできないものは、チューブあるいは容器のままお預かりしますが、少なくとも一週間毎には受診していただき、その都度医師の指示に従って下さい。

与薬できるものは、常温で保管が可能な物のみとしますので、水薬・座薬・夏季の目薬は、お断りします。

何の薬を投薬しているのか、又、投薬方法が異例な場合は、与薬・投薬チェック表に記入しておいて下さい。(あらかじめ医師に薬の内容・種類を確認し、記入しておいて下さい。)

行事の際や園外での保育、又、希望保育期間中は、都合によりお断りします。

※上記項目を守っていただけない場合や、記入もれがある場合等、やむをえず投薬を中止する場合がありますので、ご了承下さい。

依頼表(サンプル)
依頼表(サンプル)

与薬・投薬チェック表(サンプル)
与薬・投薬チェック表(サンプル)

ページ上部へ戻る

予防接種

保育園では行いません。名古屋市の案内に従って個別に接種して下さい。

参考URL名古屋市「名古屋市の予防接種」

健康診断

健康診断を年2回、歯科検診を年1回行います。結果は保護者の方へプリントでお知らせします。その他、毎月、身長と体重の測定を行い、連絡ノートまたは出席ノートに記録していきます。

ページ上部へ戻る

救急の場合

かかりつけ医、または相当の医療機関へ職員が同行して連れて行きます。並行して保護者の方に早急にご連絡いたします。

かかりつけ医

■マーガレットクリニック(内科)

名古屋市天白区平針1-1907 ほっと平針2B
TEL:052-838-6688

■こんどうクリニック(外科)

名古屋市名東区極楽4丁目1305
TEL:052-709-5055

ページ上部へ戻る

感染症

感染症

種類によって対応が異なります。詳細は「保育園・幼稚園・学校での感染症」をご覧下さい。

伝染病

伝染性疾病にかかった、あるいはかかった疑いのある園児は、専門医に「登園許可書」又は「証明書」を作成してもらい、登園するようにして下さい。(園指定の用紙もありますので、必要な方は申し出て下さい。)登園許可書が提出されませんと、保育を行うことができませんので、ご了承下さい。

詳細は「学校保健法で定められている伝染性疾病一覧表」をご覧下さい。

ページ上部へ戻る