極楽保育園

学校保健法で定められている伝染性疾病一覧表

このページでは学校等によく見られる伝染性疾病についてお知らせします。

下記の伝染性疾病にかかった、あるいはかかった疑いのある園児さんは、専門医に「登園許可書」又は「証明書」を作成してもらい、登園するようにして下さい。(園に用紙がありますので、必要な方は申し出て下さい。)

登園許可書が提出されませんと、保育を行うことが出来ませんので、ご了承下さい。

第一種

通園停止期間の基準

完治するまで

医師による登園許可

必要

伝染性疾病の種類

  • エボラ出血熱
  • クリミア・コンゴ出血熱
  • 重症急性呼吸器症候群(SARS)
  • 痘そう
  • ペスト
  • マールブルグ病
  • ラッサ熱
  • 急性灰白髄炎(ポリオ)
  • ジフテリア
  • 南米出血熱
  • 鳥インフルエンザ(H5N1)

ページ上部へ戻る

第二種

通園停止期間の基準

  • 発症後5日を経過し、且つ解熱後3日を経過するまで。
  • 百日咳特有の咳が出なくなるまで。又は、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
  • 熱が下がってから3日間経過するまで
  • 耳下腺、顎下腺、又は、舌下腺の腫脹が発現した後、5日間を経過し、全身状態が良好になるまで。
  • 発疹が消えるまで
  • 発疹が全てかさぶたになるまで
  • 症状が消えてから2日経過するまで
  • 医師が伝染の懼れがないと認めるまで
  • 医師が伝染の懼れがないと認めるまで

医師による登園許可

必要

ページ上部へ戻る

第三種

通園停止期間の基準

医師が伝染の懼れがないと認めるまで

医師による登園許可

必要

伝染性疾病の種類

  • 腸管出血性大腸菌感染症
  • 流行性角結膜炎
  • コレラ
  • 細菌性赤痢
  • 腸チフス
  • パラチフス
  • 急性出血性結膜炎
  • 溶連菌感染症
  • その他の伝染病 この他に条件によっては、出席停止の措置が必要と考えられる疾患として、ウィルス性肝炎、伝染性赤斑(りんご病)、ヘルパンギーナ、 マイコプラズマ感染症, 流行性嘔吐下痢症、頭ジラミ、水イボ、とびひ

ページ上部へ戻る